誤嚥性肺炎は高齢者の毎日の食事に大きく影響

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。若い頃平気で食べていたものを簡単に食べられなくなり、よく飲み込んだときにむせてしまい、食べ物が気管に入って「誤嚥性肺炎」を引き起こすおそれもあります。その他お年寄りにみられる特徴として、若い頃よりも食欲がなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、一度に沢山の量を食べられなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。怪我や病気に負けない体を作るためにカロリーを、関節周りの筋肉量を維持するために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取することができます。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、他の人よりも長生きできるということも分かっています。介護食は食べやすい形にすることがとても大事ですが、また、ケアをする側の負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役に立ちます。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。そしてさらに口当たりを良くしたいときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。食事を純粋に楽しめなくなってしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。食欲がないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。そのためおかゆとともに、その他の食材をうまく組み合わせて、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。介護施設の食事は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。介護施設によって、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、美味しく食べられる調理法を提供している老人ホームもあります。食べる力は加齢や病気によって衰えます。介護食は食べる力が衰えてしまった方のための食事ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なく食事が行える目標の基準として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、どの段階の方でも美味しく食事ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも安全な食事形態の目安として使いやすい指標です。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分が飲みこみづらいといった食事の悩みが出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ食べやすいかに焦点を当てた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。介護を受ける方も、介護をする方も、どちらにとっても嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態になってしまうといいます。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方の食事がスムーズに行かなかったのは咀嚼が困難なためではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるような食事は作らないと決意しました。入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えてもらいました。少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐに食事の用意ができることに気づきました。介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、味はもちろんのこと見た目が悪くても、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。食べ物がひとまとまりになりやすいか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。年齢とともに唾液も作られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、食事に無理のない形状に作り変えます。こちらもどうぞ>>>>>高齢者 宅配弁当 比較