介護食の調理は大変なので宅配食が便利です

年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食事が思うようにできない方のための食事ですが、機能の低下など人それぞれでしょうね。安心してごはんが食べられるような手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で問題なく食事をおこなうためにとても役立つ指標です。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。以前食べていたものを思ったように食べることが困難になり、よく飲み込んだときにむせてしまい、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それの通りに調理された料理を提供していますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切なのです。介護施設によって、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を老人ホームによっては提供しています。完成された料理をそのままペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味も美味しいとは言えないものでした。入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるものは絶対に出さないと決めました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。介護食は食べやすい状態にすることは当たり前ですが、介護する側も食事を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使うことをおすすめします。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。たとえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶすことができます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。怪我や病気に負けない体をつくるためにカロリーを、関節周りの筋肉量を維持するために質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐で変りに補うことができます。また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるいろんなアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きであるという調査報告もあります。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。家庭で介護食をつくることは決して容易なことではありません。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、何をつくるか頭を悩ませる必要もなくなります。当事者も身の回りのお世話をする方も、皆様が幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、美味しいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。あまり気分が乗らないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆはごはんより水分が多いので、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。フレイル、それは以前にくらべて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなりつづけると介護が必要になってしまう可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉が上手にはたらかなくなったことが原因で歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がることが知られています。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。食事のし易さに重きを置きすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食欲は失われてしまいます。上手に噛めない方でも口にしやすいか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。詳しく調べたい方はこちら⇒介護食 宅配